扇子のニオイを簡単に抜く方法があります

扇子を購入したけれど、その扇子に香りがついている、ということがあります。その香りが好みのものであればいいのですが、強い香りのものなどは少し苦手に感じる方もいます。なので、その香りを抜くためにはどうしたらいいのかと悩んでしまうときもあるといいます。そのときは、その品を風通しのいいところで陰干しをするようにしておくといいということです。広げて、日差しが直接当たらないようなところで干しておくようにするといいです。何度か干しているうちに、少しずつその香りが和らいできて、強い香りではなく、扇いだときにほんのりを香るような強さに変わっていくようになります。本当は日差しに当てたほうが早く香りも取れるのですが、その分、色絵柄部分の変色を起こしてしまったり、材質の変質の原因にもなってしまうこともあるので陰干しがおすすめです。

新聞紙に広げて包んで陰干しがいい

香木扇子と呼ばれる物があります。これは骨に独特の香りを放つ香木を使用しているもので、古くから愛されてきた嗜好品の一つだといいます。これなら香りを後付けしなくても良い芳香を放っている、ということで香りがついたものをほしいという人にはとても人気があります。ですが、香りがついていないものがほしいというときは、香木ではないものを選ぶようにしておくといいです。骨の部分に香りをつけているものはそう書いてありますし、手にとってみるとわかります。風通しのいいところに、広げて新聞紙につつんでおいておく、という方法もあります。そうすることで、品物が日焼けする心配もないですし、風と新聞紙の影響で香りを取り除くことができる場合があるといいます。優しくぞっと包むようにして、広げておくことが大切です。

一番は風を通して香りを薄めること

また、扇子は使っているうちに香りが薄まる場合もあります。なので、よく扇ぐような人に使ってもらってから自分が使う、という人もいます。何度も扇ぐことで香りは薄まりますが、この方法は自分以外の人がはじめに使うことになるので、嫌な人には向いていないといえます。また、電子レンジなので少しだけ温めてみる、という方法もあります。そうすることで香りを飛ばすことができるといいます。ただし、この方法も材質によっては骨などが痛むかもしれないので、きちんとその材質などを確認してから行うようにしておくことが大切です。やはり一番いいのは風通しのいいところでしばらくは何度も陰干しをしておくという方法です。または、香りがしないものを選んで、自分の好きな香りをその品物につけて使うようにするか、ということです。